サイクルトレーナー活用術(MAGRIDE-Q編)

初めてサイクルトレーナーって聞くと

なんか大変そう( > o<)!

苦しくて続かない(T T !)

ってイメージされる方が多いとは思いますが

サイクルトレーナーは体の負担が少なく効率的に健康維持に役立つものなんです

今回は、サイクルトレーナーを使うとどれだけカロリーを消費するかを

みんな大好きな『おにぎり』を使って紹介します。

 

続きを読む

アンダー1万円のシンプルな自転車ストレージ

自宅に自転車を保管するシチュエーションは様々ですが、1台を保管するならシンプルな方が長くお使い頂けると思います

玄関先やお部屋の中でサッとかけて保管、サッと取り出して出発が理想的です

DS-1000 ホワイト・ブラック 希望小売価格:¥8,200(税抜)

続きを読む

ハンドル周りをすっきりさせる便利アイテム

スポーツバイクを購入された方が最初に選ぶアクセサリーはボトルケージやハンドル周りに付けるアイテム

ライトやサイクルコンピューター、ベル・・・・など、だんだんハンドル周りは溢れてきます。

気付けばハンドル周りはごちゃごちゃしてしまいます。

例えばこのようにバイクのハンドルバーにアクセサリーを取り付けたとき場所が限られてしまいます。

続きを読む

暑い夏に最適!屋内で出来るトレーニング機材

梅雨明けから35℃を超える猛暑日が続いています。

外気温が体温よりも高くなるお昼から夕方までは外に出て走るのは熱中症など危険がいっぱいです。

そんな時に、なるべく屋内にいるのが最適ですが、乗りたいのに乗れないのはストレスも溜まります。

昨年の夏は猛暑でサイクルトレーナーを使って練習する方が多かったそうです。

室内であれば扇風機や贅沢をすれば冷房の効いた場所でトレーナーを使えます、またトレーナーを使用するメリットとしてトレーニング効率が良い、安全であると言えます。

室内でサイクルトレーナーをする時に最も気になるのは使用する時の音や振動だと思います。

今話題の『ダイレクトドライブトレーナー』であれば音や振動はかなり静かで部屋を閉め切ってしまえば隣の部屋に伝わる音や振動は皆無と言っても良いぐらいです。

その他ダイレクトドライブは、タイヤ・スポークの露出が無く、お子様やペットなど過って巻き込むようなリスクは少ないと言えます。

 

続きを読む

自転車に乗る場合の水分補強にかかせないアイテム

これから夏本番となり熱中症対策の為にも『水分補給』が非常に大事になってきますね。

そんな時に自転車に乗りながら水分補給ができてしまう便利アイテム

『ボトルケージ』の紹介です。

ボトルケージは自転車のフレームに取り付けてドリンクボトルを差し込むアイテムになります。

このボトルケージに使われている材質は航空機の材料としても使われている2017系ジュラルミン製で一般的なアルミに比べると一回り以上細くても同等の強度を持ちはるかに軽い重量で作られています。

もちろん国内生産(made in japan)であり、ミノウラ製品の数あるアイテムの中でも一番長く生産されている歴史ある商品になります。

 

続きを読む

Moz Roller(モッズローラー)の組み立て方

ミノウラ製3本ローラーの中でもっともポピュラーで初心者から上級者までお使い頂けるロングセラー商品

Moz Roller(モッズローラー)の組み立て方をご紹介したいと思います。

ここでちょこっと豆知識!!

このMoz Rollerの『M』はミノウラ頭文字のM、『o』はローラードラムの形、『z』はフレームを折り畳んだ形状を文字ったものなんです。

 

続きを読む